小児科

フレーズ

(座薬について)お子さんの熱が38度以上になった時に座薬を先のとがっている方を先にして肛門に入れてください。 When your son has a fever of over 100.4,insert the suppository into the back side pointed end first.
次に使用する場合は少なくとも5時間待ってからにしてください。 Make sure to wait at least 5 hours before next application.
水分をいつも与えておいてください。 Please keep him hydrated.
(半分の大きさの)座薬 half of the suppository
(2/3の大きさの)座薬 two thirds of the suppository
(顆粒を水に溶いて服用)2~3滴の水で顆粒を溶いてください。 Dissolve the granules with two or three drops of water.
それをあなたの指で息子さんの口の中に塗ってください。そして水を追加して飲ませてください。 Stick it into the inside of your son's cheek with your finger. Then have him take more water.
(子供に風邪薬のシロップを飲ませる場合)1度に10ミリを毎食後1日3回飲ませてください。 Give him/her 10 ml at a time three times a day after each meal.
(子供にホクナリンテープを貼るときの説明)このテープは夜中の喘息発作を予防します。 This patch prevents asthma attacks during night.
1枚を寝る前に貼ってください。 Apply one patch once a day at bed time.
これは通常、背中もしくは上腕部に貼りますが、子供には背中が良いです。というのも子供はすぐに剥がそうとするからです。 This patch can be applied to either the back or upper arm. But it is better to apply it to the back for children. otherwise they can easily tear the patch off.
SP用バナー
SP用バナー